dogon

dogon

2020年10月29日木曜日

アサフォの旗 / 鍵が開けられた、その先は…

皆さま、こんにちは。

開催中の “ASAFO” ファンティ族の旗 展、
とうとう 今週いっぱいで終了です。

本日も、不思議な1枚をお届けします。

◆リーフレット掲載番号13  W112×H94 ¥38,000‐

こちらの絵柄。表しているのは
「  私たちは、村の鍵を持っている。」
鍵は、主導権や 自由の象徴として使われるモチーフです。


小さな鍵と、錠らしきものがわかります。
しかし、二人の人物が見上げているのは・・・


村の入口の門。
それとも 集会場の建物。
村の伝統的な家屋とは違いますね。
巨大な樹木のようでもあります。
もしかしたら、それら全てが一体となっているのかも。
幾何学的かつ、有機的。
人工物と、自然の産物。

シルエットだけの表現から、想像が膨らみます。
あの 入口の奥の暗闇の先に、何があるのでしょう・・・?


あれ?
みんなが見ているのも、何でしょうか。


・・・あなた、ですよ!‼

みんなで、お待ちしていますね。

ーーーーーーーーーーーーーー
●ブログ掲載品のご注文方法●

本店のメールアドレスまたは電話番号に
ご希望商品の「ブログ掲載番号」とご希望のお支払い方法をご連絡ください。
ギャラリースタッフがお届け日やお支払い金額などをお知らせいたします。

【通信販売の場合】
銀行振込 または 代引き

【ご来店でご購入】
現金、クレジットカード、ICカード、paypayなど

※ブログ掲載番号の記載がない商品は「●月●日のブログに載っていたもの」とお伝えください。

ご不明点はお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーー


ギャラリーかんかん本店 M
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp









2020年10月24日土曜日

アサフォの旗 / ハゲワシの生きる道

こんにちは。
秋も深まってまいりました。
秋の味覚が勢ぞろいしてきて、
特に果物好きの私には、危険な季節です(笑)。

さてさて、アサフォの旗のご紹介 続きますよ。

今回の一点は、こちら。

◆リーフレット掲載番号5 ¥48,000+tax 145x77㎝


真っ赤な背景に 黒い鳥が
くっきりと浮かび上がっています。
シンプルで なかなかかっこいいデザインですよね。

「ハゲワシは、既に死んでしまった動物を探して食べる。
(狩りをゲームとして楽しむものには、魅力的な方法ではないが)」
・・・生き延びるためには 賢い選択が必要である、と教えています。

倒し立ての獲物も おいしいでしょうけれど、
もしかしたら、仕方なく食べているわけではなく、
ハゲワシにしかわからない 独特の味覚を
楽しんでいるのかもしれない、と思ったりいたします。


ところで、ハゲワシ、と一口に言っても、実は沢山の種類がいます。
アフリカにいるのは、クロハゲワシ・コシジロハゲワシ・ズキンハゲワシ…
旗に表されているのは、
シロエリハゲワシ
ズキンハゲワシでしょうか。

いずれも、かなり大型の鳥。
上空を翼を広げて 悠々と舞う姿は圧巻です。

ちなみに、スワヒリ語で ハゲワシ は tai-mzoga 
鳥 のことをndege (ンデゲ)と言いますが、
この ンデゲ、飛行機のことも指すのです。
確かに、初めて飛行機を見た人々は 変な?鳥だと思ったんでしょうけれど、
現代でもそのまま使われているなんて。


アフリカの大空に、いつまでも彼らが舞い飛ぶことを願って…


ーーーーーーーーーーーーーー
●ブログ掲載品のご注文方法●

本店のメールアドレスまたは電話番号に
ご希望商品の「ブログ掲載番号」とご希望のお支払い方法をご連絡ください。
ギャラリースタッフがお届け日やお支払い金額などをお知らせいたします。

【通信販売の場合】
銀行振込 または 代引き

【ご来店でご購入】
現金、クレジットカード、ICカード、paypayなど

※ブログ掲載番号の記載がない商品は「●月●日のブログに載っていたもの」とお伝えください。

ご不明点はお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーー


ギャラリーかんかん本店 M
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp



 

2020年10月19日月曜日

アサフォの罰則

まだまだアサフォの旗のご紹介が続きます。

本日ご紹介するのはアサフォのある“罰則”についてです。

アサフォとはファンティ族の軍隊のことなので、軍隊の中の罰則です。


まずはこちら。


◆リーフレット掲載番号16 ¥32,000+tax 150×95㎝
















このシーンの意味するところは

「食事をする前に浣腸を受けるか、浣腸の前に食事をするか」です。


軍の規律を破った隊員には浣腸という罰則があったようなのです!

裸にされ、他の隊員2人から浣腸を受けている場面ですね。

軍では規律を守り、責務を果たさなければならないという戒めを表しているのです。


それにしても浣腸ですよ。

しかもそんな場面を赤裸々に描くなんて面白いです。


同じシーンのもう一枚がこちら。


◆リーフレット掲載番号17 ¥32,000+tax 130×95㎝











さきほどのものと比べ、お道具が大きくなっています・・・。

こんな恐ろしい罰則は受けたくないと思ってしまいますね。


余談ですが、このデザインについては社内の文献では見当たらず、

インターネットで海外のサイトなどを見たのですが、

今まで知らなかった浣腸という英単語、完ぺきに覚えました(笑)


アサフォの旗は10月31日(土)まで好評展示中です。

ぜひお出かけ下さい!



ーーーーーーーーーーーーーー
●ブログ掲載品のご注文方法●

本店のメールアドレスまたは電話番号に
ご希望商品の「ブログ掲載番号」とご希望のお支払い方法をご連絡ください。
ギャラリースタッフがお届け日やお支払い金額などをお知らせいたします。

【通信販売の場合】
銀行振込 または 代引き

【ご来店でご購入】
現金、クレジットカード、ICカード、paypayなど

※ブログ掲載番号の記載がない商品は「●月●日のブログに載っていたもの」とお伝えください。

ご不明点はお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーー


ギャラリーかんかん本店 F
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp

2020年10月15日木曜日

アサフォの旗 / 捕らえた捕らえた者・とらわれた者

continuation!

皆さま、こんにちは。
今日は冷たい雨となりましたね。
いかがお過ごしですか。

さて先日 ちらりとお見せした、この画像。
今回、改めてご紹介致します。


これは。見事、敵をとらまえ捕虜にしています。
勝利の一場面です。
明暗が分かれた 両者の表情もしっかり表現されていますね。
勝者は、口をあけて笑っているよう…。


捕まった方は、悔しそう…


船と錨のモチーフ に関しては、
「船は錨より強大である。しかし、
 錨は船の出航を止めてしまうことができる。」
と表しています。


捕まえた捕虜を載せて、舵取りも良し、さあ出航~
あれ?錨が降りたままですよ…

この旗、持ち主は いったいどちらの立場の人でしょう。
一見、捕まえた側にも見えますが、
一時の勝利に気を緩め、錨を上げ忘れて船を出せない敵の愚かさを
表現しているようにも思えるのです。
それとも、自らへ 気を抜くな、との戒め。

ファンティ族の旗の中でも、
とてもシンプルで分かりやすい絵柄なのですが
いやいや、何か深い意味がありそう…と、
色々考えてしまいます。
面白いです。
皆さまは、いかがでしょうか。

(ブログ掲載番号20‐71) 約110×152㎝ \28,000+tax

この旗も、今回のリーフレットには載っておりません。
店頭でご覧いただけます。


ーーーーーーーーーーーーーー
●ブログ掲載品のご注文方法●

本店のメールアドレスまたは電話番号に
ご希望商品の「ブログ掲載番号」とご希望のお支払い方法をご連絡ください。
ギャラリースタッフがお届け日やお支払い金額などをお知らせいたします。

【通信販売の場合】
銀行振込 または 代引き

【ご来店でご購入】
現金、クレジットカード、ICカード、paypayなど

※ブログ掲載番号の記載がない商品は「●月●日のブログに載っていたもの」とお伝えください。

ご不明点はお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーー


ギャラリーかんかん本店 M
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp




 





2020年10月8日木曜日

アサフォの絆と酒の壺


皆さまこんにちは。

お出かけ日和の先週末から一点、

今週はしっとり雨降りな日が続きそうな予報ですね。


スタッフFとスタッフMのブログを読みながら、

私も気になる旗をご紹介したくてうずうずとしていました。

今回はアサフォの旗の中から、人々の団結力や絆を描いた作品をご紹介したいと思います。





ギャラリーのガラス面に展示しているこちら、
「永遠に空にならないパーム酒の壺」をモチーフにした旗です。
永遠に空にならない壺のように、
自分たちの絆や団結も永遠に欠けることはない。という意味が込められています。


リーフレット掲載番号7 ¥48,000+tax 145×92㎝





特集のリーフレットにはパーム酒を “プラム酒” と書いてしまいましたが、
実は私が間違えてしまったのです……お恥ずかしや。
お家でプラム酒を飲みながら反省いたします。


ガーナでは、パームの木から作るパームワインという伝統的なお酒があるそうで、
この旗の人物が笑顔で酌み交わしているお酒は
木の実ではなく幹から樹液を取って作られたもののようです。
(下のお写真のように樹液を採取して、
一週間ほど置くとウォッカ並みのアルコール度数になるとのこと)


参考画像 https://world-diary.jica.go.jp/miyazaki/cat378/post_4.php



さらに調べてみるとパームワイン・ミュージックなるものも存在するようで、
「PALM WINE MUSIC OF GHANA」というアルバムには
ファンティ族のミュージシャンによる演奏も収録されています。
気になる方は是非調べてみてくださいね。



そして現在ギャラリーかんかん本店では、
特集に関連してアサフォの旗をプリントしたポストカードも販売しています!


アサフォの旗8柄セット¥640+tax と、
アフリカの風景写真などと合わせた9枚セットのものをご用意しています。



アサフォの特集は10月31日(土)まで。
是非この機会にお出かけください!


ーーーーーーーーーーーーーー
●ブログ掲載品のご注文方法●

本店のメールアドレスまたは電話番号に
ご希望商品の「ブログ掲載番号」とご希望のお支払い方法をご連絡ください。
ギャラリースタッフがお届け日やお支払い金額などをお知らせいたします。

【通信販売の場合】
銀行振込 または 代引き

【ご来店でご購入】
現金、クレジットカード、ICカード、paypayなど

※ブログ掲載番号の記載がない商品は「●月●日のブログに載っていたもの」とお伝えください。

ご不明点はお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーー


ギャラリーかんかん本店 K
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp

2020年10月6日火曜日

闇夜の三楽師?―"ASAFO" ファンティ族の旗

皆さま、こんにちは。 

だんだん涼しくなってまいりました。そろそろ衣替えですね。
ガーナには、衣替え ってあるのかしら?
どうやら季節は、雨が降って じめじめと暑い。
        からからに乾いていて 暑い。
の二通りしかないようです。
衣替え、日本の季節行事として楽しみたいです。(笑)

 

 さて、本日ご紹介する ファンティ族の旗は、
特集のリーフレットに掲載されておりません。


先頭は、ラッパ。二番手は太鼓ですね。

背景が黒いのが、けっして夜を表しているのではないと思いますが、
私には、果敢に暗闇を行く 勇者。に思えます。
そして三人目は…これはいったい何かしら?。


(ブログ掲載番号20‐70) ¥38,000+tax

実は、この三つに分かれているもの、しばしば ASAFOの旗に登場します。
例えば…これはまた別の旗なんですが、こんな感じです。


もしかしたら、同じ道具ではないかもしれませんが、似ていますよね。
もう少し調べて、分かればまたお伝えしたいです。
もしご存知の方いらしたら、教えてくださいな。

最後の画像の旗については、またあらためてご紹介致します。

to be continued ~


ーーーーーーーーーーーーーー
●ブログ掲載品のご注文方法●

本店のメールアドレスまたは電話番号に
ご希望商品の「ブログ掲載番号」とご希望のお支払い方法をご連絡ください。
ギャラリースタッフがお届け日やお支払い金額などをお知らせいたします。

【通信販売の場合】
銀行振込 または 代引き

【ご来店でご購入】
現金、クレジットカード、ICカード、paypayなど

※ブログ掲載番号の記載がない商品は「●月●日のブログに載っていたもの」とお伝えください。

ご不明点はお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーー


ギャラリーかんかん本店 M
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp