dogon

dogon

2019年2月11日月曜日

ジェンネの壷からの贈りもの

昨年末にマリ共和国ジェンネ地方の壷を店頭に出しました。
大きくてどっしりとしています。
表面には泥染めの布にも見られるような幾何学模様が描かれています。

直径41cm 高さ55cm 
(120,000円税別)






































アフリカの壷は水瓶として使われたり、
穀物や香辛料、薬草、そして貴重品やおまじないの道具など、
さまざまなものを入れておく容器として使われました。
民族によって形態や模様が異なり、
壷は見ごたえのあるアフリカンアートの一つです。

さて、このジェンネの壷の中を見ると
何やら乾燥した可愛らしい花が入っていました。








突然「ビサップ」という言葉が思い浮かんできました。
これはアフリカで飲んだことのある「ビサップジュース」のアレじゃないかと。

調べてみるとビサップとはハイビスカスのことで、
ビサップジュースは乾燥させたハイビスカスの花を砂糖とともに煮出して作る
赤くて甘酸っぱいジュース、アフリカ各国で飲まれているようです。

どう見てもこれはハイビスカスの花にしか見えなくなってきました。
もうこれはハイビスカスにまちがいありません!
ジェンネの壷の中に大切に保管されていたのですね。

この壷がいつ頃作られて、このハイビスカスがいつ頃収穫されて、
それがいつ頃日本にやってきたのかは定かではありませんが、
春になったら花の中に入っていた種を植えてみようと思います。
もし発芽したらまたご報告しますね。


***「カンタ展」開催中です***
    まだご覧になられていない方はぜひ!
    2月20日(水)までです。


ギャラリーかんかん本店 F
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp

2019年2月1日金曜日

インドの手仕事「カンタ展」

みなさまこんにちは。
本店で開催中の企画展示のご紹介です。


【カンタ展】
場所:ギャラリーかんかん本店
日時:2019年1月25日(金)~2月20日(水)
    平日 11:00~19:00
    土日祝 11:00~18:30


インドの西ベンガル地方やバングラディッシュで古くから作られてきた
民衆の刺し子布である「カンタ」を集めて展示しています。

思わず笑顔になってしまう可愛らしい図柄

39枚のオールドカンタをギャラリーいっぱいに展示



古い衣類を解いて何枚も重ねて刺子し、
新たな布に生まれ変わらせる「カンタ」。

赤ん坊のおくるみや婚礼の持参品、ベッドカバーなど
様々な用途に使われた為、大きさや厚みもそれぞれ異なります。

動物や草花、生活道具などの模様が色とりどりに刺繍され、
自由でのびのびとした雰囲気の漂う布もあれば、
どこか風格のあるみっちりと規則正しい刺子布も。




白い余白部分まで細かく刺してあるため
少し離れて眺めてみるとさざ波のような凹凸が浮かび上がります。

不規則な波の連続が一針一針手で刺した時間を思わせ、
気が遠くなってしまいそう。

布を送る相手への優しさと、
完成までに費やした長い時間が凝縮された作品の数々です。


展示品を掲載した冊子 ¥1,000+tax



企画展に合わせてカンタやインドに関連する商品もご用意しておりますので、
是非お手にとってご覧下さい。

シルクの刺繍ショールやティーマットのセットなど

木箱やレリーフなどインドの一点物

展示品のカンタは全て販売しております。

既にご売約いただいたものもございますが、
お電話でのお問い合わせなど随時受け付けておりますので
ギャラリーかんかん本店までご連絡くださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


ギャラリーかんかん本店 K
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp

2019年1月13日日曜日

マダガスカルの手仕事

皆様こんにちは。

今年一番乗りでアフリカからやってきた商品は
マダガスカルの楽しげな刺繍タペストリーです。

今回は仮面のお話しをしているとなかなか登場する機会がない
マダガスカルについてご紹介したいと思います。


約35×45㎝ \12,000+tax

























色を抑えた珍しい一点
約34×39㎝ \8,000+tax


以前図書館でアフリカのことわざを集めた本を読んでいた際、
「あなたの愛を優しい霧雨のように、それでいて川を溢れさせるように降らせなさい」
というマダガスカルの言葉を目にしました。
なんて温かくて美しい例えをする人たちなんだ……!と感動して手帳に書きとめ、
それ以来何度も見返してはしみじみとこの言葉の意味をかみしめています。

ことわざや比喩などその地域特有の言葉には、
そこに暮らす民族の人柄のようなものが表れていますが、
今回入荷した刺繍の数々にはマダガスカルのことわざにあるような
穏やかさ、優しさを感じてしまいます。


軽い布なのでピンで留めることもできますが、
朽ちた木枠などに収めれば一層すてきな壁飾りになりそうです!





マダガスカルといえばここにしか生息しない動物が沢山いることでも有名ですが、
「この絵のカメレオン大きいなぁ!!」というスタッフの一言から
世界最大のカメレオンを調べてみました。


パーソンカメレオン
参考 https://allabout.co.jp/gm/gc/70072/

なんと、マダガスカルに生息するパーソンカメレオンは
成長すると世界最大の60~70センチにもなるそうです。
皆さま両手で70センチの間隔を広げてみてください。その大きさのカメレオンが存在するのです。

逆に世界最小のカメレオンもマダガスカルに生息しています。
ミクロヒメカメレオン、全長わずか2.5センチ……!


参考 http://cgi2.nhk.or.jp/darwin/articles/detail.cgi?p=p482
人間の指に乗っています


そしてマダガスカルで忘れてはいけないのがワオキツネザル。
布いっぱいにのびのびと描かれた一点が届いています。
太陽の陽が降り注ぐ一場面
約45×61㎝ \24,000+tax


 寒いときは太陽に向かって両手を広げて日光浴をする習性があるそうで、
群れで両手を広げているところを想像すると思わず表情筋が緩んでしましますね。


この他、刺繍を施したポーチや砂絵の入った小さな小瓶なども入荷しています。
是非マダガスカルの手仕事を楽しみにギャラリー本店へお越しください!

お部屋の中で目に入る度、
マダガスカルの楽しげな雰囲気を感じることができそうです。


刺繍ポーチ4サイズ \2,200~3,800+tax
色柄は一つ一つ異なります!


ボトル砂絵 大\2,400+tax
            小\1,800+tax(上の画像)


ギャラリーかんかん本店 K
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp

2019年1月10日木曜日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

寒い日が続きます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。











平成最後の年となる2019年、
ギャラリーかんかん本店スタッフ一同、気持ちも新たに
さまざまな商品や情報を発信していきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今日ご紹介するのはこちら。
昨年末に出版された当社代表小川弘の写真集「ドゴンの光」です。




















1984年から2000年にかけて小川が幾度も訪れたマリ共和国ドゴン族の地。
そこでカメラに収めた風景、建築、そして人々の暮らしが満載の写真集です。
やがては失われてしまうかもしれないドゴン族の日常の貴重な記録でもあります。

A5サイズで見やすい大きさとなっています。
かんかんの各ショップでお求めいただけます。
ぜひ店頭でお手にとってみて下さい。


ギャラリーかんかん本店 F
世田谷区代田1-47-1
TEL: 03-5486-3122
mail: honten@kankan.co.jp